かわいい系を中心に。 ComicLO 2011年3月号 忍者ブログ
とりあえず好きな漫画についてたまに語ることにします
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ComicLO 2011年3月号
1発目の記事は雑誌レビュー。
1月号に続き、良作だらけでかなり買いな号でした。
 
まずたかみち表紙からインパクト大!一糸まとわぬ女の子の登場は丁度1年ぶり。
2009年4月号→2010年3月号→2011年3月号という流れ。

 全作品逐次だらだらと感想書いていたら取り留めもなく長くなったので、個人的ベスト作品5つを乗っけることにします。

---------------------------------------------

みさお。/貯金箱いっぱいの好き

1月号のデビュー作の期待を全く裏切らない最高の作品。特に導入の場面設定もないし、笑いをとるポイントもない。複雑なセリフ回しもないし、汁がぶっとんだり効果線が密集するようなダイナミックな表現もない。心情が語られる四角ゴマもベタフラもないし柄トーンもない。無い無いづくしだけど、結構これによって人物達の純粋な愛情表現が生き生きとしているのだと思います。はっきり言って大きな展開と構図は前回と代わり映えがしないけど、それぞれの存在感は確固たるもので、もはやみさお。がいるからLOを読んでいると言ってもいいくらい。

ぷに系女の子を描く漫画家が一般誌でしか見つからないという現状に一矢報いる期待の新人です。
 
・・・たぶんこれほど熱く語れば自分の趣味の輪郭はハッキリするに違いない。
 
[どうでもいいけど(以下DE)]そういえば押切蓮介の女の子と面影が一瞬かぶった。結局のところ自分はくしゃくしゃの前髪と憂いを帯びた思索的な表情で何とかなるらしい。

藤崎ひかり/すいーとみるくしぇいく第2話
みさお。と双璧を成しそうな新人。
驚いたのが、トーンワークが前回のカラー作品と変わらない質感だったこと!
柔肌のフレッシュさがそのまま表れていてすごい。
同じような雰囲気を感じたのは、2009年6月号のOKINA/Childish trick。あの作品だけ画面がボケたような特殊な効果が前編に加えられていて印象に残っています。


オオカミうお/二人のより道まわり道
オオカミうおよくやった!ストライク!今回はインピオです。珍しい1ページ扉絵の、ほのぼの感がこの上ないです。久々の丸顔のちびっ子、やはりオオカミうおは大きくデフォルメに振った作品が好き。毎回おっさんが見るに耐えないんすわ・・

いさわのーり/水辺のヒヨコ
オオカミうおが丸っこいキャラを出してくればこちらも負けてはいられないと本領発揮。ちょび太いまゆげが純朴さを醸しだしていてイイです。普段より初めから露出度高めだし、相変わらずネチっこいカメラワークが機能しまくってます。

あともう一つ迷った揚句うさくん/マコちゃん絵日記
今月はかなり真剣な展開に終始した感が。望美ちゃんの何気ない一言で悩む多美ちゃん、優しく接してあげるマコちゃん沙貴ちゃん。ドタバタ分が無いだけこの人本来の温かみのある筆致が大きく活きてくる。たまにど直球のハートフル系を投げてくるのでたまらないです。

------------------------------------
ほかには久っしぶり!むしろなぜ今?カムバック??という気分の緋鍵龍彦/戸惑う指の震える子羊
2008年7月号以来32号ぶりの掲載。更にくーちゃんシリーズはななんと2007年1月号以来50号ぶりの掲載!!くーちゃんと先生のらぶらぶ変態っぷりは変わってない。

あと姫野蜜柑/あねのこ!
相変わらず姫野蜜柑の女の子は表情が何か怖い。が、仕草や言葉は健気で可愛らしいので、ギャップがなんとも言えない不思議系の人(確か以前アオリで不思議とかそんな感じに紹介されていて思わず笑った記憶が)。唯一人間らしい表情を見せたのが携帯いじっている瞬間。でもそれって実は、実際人間がその瞬間にこそ一番外部に無関心で、人間らしさを失くしている裏返しなんじゃないかなあ。

yam、滝沢要もぷに要員として重要。ただyamは第二のNoiseにだけはなってほしくない・・
なんとMOLOKONOMIも1ページ扉絵。妄想バイブオナニーだけ、構成も恐ろしくシンプルに仕上げてきてカウンター食らいました。すごい。
ろーるぱんつはくしゃくしゃ髪の毛要員。バー・ぴぃちぴっとは御家芸の奇妙奇天烈なストーリー。ラストの訳わからなさが今回ちょっと町田ひらくっぽかった。この人は画風・構成が最近の新人さんの180度対極に位置する感じ。


[DE]
2007年1月号のラインナップはこんなもん。
うさくん/結婚安全記念日
宮内由香/みずいろ-ともだち-(前編)
裏次郎/はらませ! 最終回 ←懐かしい!名作。
上蓮/甘橘家三姉妹 
極めつけはこれが雨がっぱ少女群デビューの2ヶ月前(!)だということ。もはや前時代。
今のいわゆるベテラン陣営で構成されていた時期。

[DE]
公双誠二は夏の海モノだった。目次でなぜカタカナ表記?

[DE]そりむらようじ、少し前から気になってたのですが、この人こじか本出してないのかな?
今回の千歳ちゃんなんか、ねえ、ほら・・


今月のぷに作品
前島龍・オオカミうお・みさお。・yam・藤崎ひかり・いさわのーり・姫野蜜柑・ろーるぱんつ?・滝沢要
LO期待度が急上昇中です。


PR
comment
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
trackback
この記事にトラックバックする ()
| 7 | 6 | 4 | 5 | 3 | 2 | 1 |
| prev | top | next |
プロフィール
HN:
うらうす
性別:
非公開
自己紹介:
京都府出身・在住

放置の後1日にドバドバっと複数の更新があったりします
最新コメント
[12/02 管理人]
[11/30 NONAME]
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
     なにこれ
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]